~パイプサポート~

こんにちは!福村建設です(*^_^*)

今回はパイプサポートのご紹介です(^^)/

 

【 技術紹介『 パイプサポート 』】

パイプサポート(呼び名:ポスト)とは、スラブ・梁等の型枠及びコンクリート重量等を支える支柱

上下2本の鋼管(丸)を組み合わせ、長さの調整が自由に出来る様にしたもの言います。

 

サポート種別

  • 1.0尺    働き 320~440 (mm↓)
  • 1.5尺    働き 410~620
  • 2.0尺    働き 620~940
  • 3.0尺    働き 920~1415
  • 4.0尺    働き 1220~1995
  • 5.0尺    働き 1520~2590
  • 6.0尺    働き 1720~3040
  • 7.0尺    働き 2120~3440
  • 9.0尺    働き 2620~3940

補助サポート 4.0尺    長さ 1200

ユニサポート   働き 250~376(鋼製束を代用)

(※注意・・・特に9.0尺は最大3940mmまで伸びますが、最大では使用をお勧めしません。サポートピンの位置が一番上部になるからです。そうすると不安定になるからで、実際には3700mm以下で使用し、超える場合は補助サポートの出番です。また、補助サポート使用時は支える強度を半分以下に想定します。)

 

今回ここでは、梱包 といった整理整頓の仕方と、パイプサポートの認定証について説明したいと思います。

♦ 認定について

2015年末~2016年初めに、仮設工業会事務局より、

認定合格マークの無いパイプサポートに注意!」と、注意喚起が書面で発表されました。

認定の無いサポートに注意

そのことについて、福村建設で保有しているパイプサポートについて説明します。

 

パイプサポートの上下(受台・台板)部分には、

口型

 サポート3.1

花型(フラワー)

の2種類があります。

フラワー型はサポートを積み重ねる時に、フラワーの溝部分が丸鋼管の部分にフィットして、

口型と比べてコンパクトに梱包できます。

この考案は、昔からメーカーさんである 光洋機械産業さん特許製品でした。開発は昭和63年です。

フラワー型については、福村建設では10年以上前より光洋機械産業さんから購入しています。

口型については、20年以上前より、当時のホリーさんというメーカーさんから購入しています。

head_logo  

製品情報:フラワーサポート

 

福村建設では2015年にフラワー型サポート(SF-90N(9.0尺)・・・1500本)(SF-50N(5.0尺)・・・500本)

(SF-60N(6.0尺)・・・500本)を新規に購入しました。

福村建設は、資材を購入する時、中古では無く、必ず新品を購入します!

このことは簡単に言うと、中古を買ってしまうと、それだけ劣化も早いと思っているからです。

パイプサポートは、いつもコンクリートの重さを支えてくれているので、

メンテナンスもしっかり行います(^^)/!!

 

現在 自社で保有しているパイプサポートの中には、25年~30年以上使用しているものがあります。

劣化が予想されるため、今後一年に一回、各寸法でパイプサポートの購入を考えています。

 

また、昔と少しモデルチェンジされている。と、光洋機械産業さんより、教えて頂きました。

フラワーサポート/カタログ(新)-2

ではここで、沙汰されている類似品との違いを紹介したいと思います。

 

■ ここが違う!光洋機械産業さんのパイプサポート ■

( 1 )受台・台板に、補強のためにくぼみがつけてあります

 flower_support_main

 

( 2 )認定基準合格品(光洋機械産業㈱)のシールが貼ってある。

※そのうち剥がれてくると思いますが、シール跡が残ります

 

( 3 )プレスで出来た、くぼみの場所の位置が違う

 

 

■ 福村建設での各保有パイプサポート認定書について ■

光洋機械産業/認定書(新)       光洋機械産業/認定証(古)

        フラワーサポート(新)                       フラワーサポート(旧)

         光洋機械産業㈱                          光洋機械産業㈱


 ホリー認定証(古)

        口型サポート(旧)

         ホリー

 

パイプサポートの丸鋼管は伸縮するので、それを支えるサポートピンも重要です。

現場では、サポートピンが無くなっているからといって、鉄筋やセパ等で代替えすることは絶対禁止です!!!

サポートピンは、岡部さんより定期的に購入し、サポートを出庫する時は、有無を確認して出庫します。

 サポートピン-1 サポートピン-2

 

 

梱包等について

【 パイプサポート(4尺~9尺)の吊り方 】

▼ ポスト枠 1組(枠は2つ)

 

▼ ポスト(パイプサポート)の寸法に適した、古いベニヤを敷く

 

▼ 玉掛けワイヤーは、ベニヤとポストを必ず絞るように

 

▼ 上部を番線で固定

 →リフトで積み下ろしするときに枠とポストが外れてしまうから

 

【 各種サポートのメンテナンスの仕方と梱包の仕方 】

< メンテナンス >

現場から帰ってきたサポートを※ケレンしたのち、パイプサポートのハンドル部にグリス(油)を塗ります。

(※ケレン(作業)とは…現場から引き上げた資材に付着したコンクリートを機械もしくは、手で取り除く作業)

グリス   グリス2

サポートのケレンは、サポートに付着したコンクリートを、ハンマーなどで叩いて落とします。

ハンドル部にコンクリートが付着すると、ハンマーで叩いても溝に詰まってしまい、取りにくくなってしまいます。

ですがグリスを塗ってから現場へ出せば、コンクリートが付いてしまっても、

簡単に取ることが出来るというメリットがあります。

またグリスを塗らないでいると、

錆びたサポート

このように錆びてしまうので、サポートのメンテナンスをするにおいて、重要な作業なのです。

 

< 梱包 >

三尺.花 3.0尺のフラワーサポートです。

1.0尺~3.0尺までのサポートの下には、パネルを敷いて束にします。

ポストの下に敷くパネル2  ポストの下に敷くパネル

▲ こちらが使用するパネルです。現場で使用できなくなった、廃棄パネルを使っています。

 

 

 

 

4.0尺~9.0尺は、ポスト枠というラックを使用します。

下に敷くのはパネルではなく、ベニヤです。

 

フラワーをまとめる時に挟む桟木 2ペイント フラワーをまとめる時に挟む桟木 ペイント 

4.0尺~9.0尺のフラワーサポートを束にする時には、桟木を挟みます。

フラワーサポートを重ねていくと、どうしても幅が余ってしまうので、そのために桟木を挟みます。

 

また、9.0尺を束にする時は、ポスト枠の鋼管に2つ穴があいているものを使用し、

上下穴があるうちの、下の方に番線を通します。(9.0尺を49本にすると重量が800kgを超えてしまうため)

フラワーをまとめる鋼管。2つ穴が開いています

9.0尺は、他の寸法のサポートに比べ、並べられる数が少なく、他より高さがありません。

ですから低い方の穴に番線を通さないと、締め付けることが出来ないのです。

 

束にするため、サポートを並べる時は、サポートを伸びる方と伸びない方を交互に並べます。

そうすることで積み下ろしの際に、誤ってサポートが動かないようにします。 

 

▼ 1.0尺(1梱包:口50本/花50本)

一尺  1尺、上から   

 ▼ 1.5尺(口50本/花50本)      ▼ 2.0尺(口50本/花50本)

サポート4 二尺

▼ 3.0尺(口48本/花50本)

花形:1列10本を5段で並べられるので、10×5=50(本)

口型:花形と比べて、■の部分が当たり、重なってくる所があるので48本しかくめない

三尺.花 三尺

▼ 4.0尺(口49本/花49本)            ▼ 5尺(口49本/花49本)

4尺からは7列を7段組むので7×7=49(本)                       

四尺               五尺

▼ 6.0尺(口49本/花49本)            ▼ 7尺(口49本/花49本)

六尺               七尺

▼ 9.0尺(口42本/花42本)

重量的な関係で、束にする時は42本ずつになる

九尺 九尺2

▼ 補助サポート 4.0尺

補助 補助2

 

 

 

■ こんなサポートも… ■

ユニサポート2 ユニサポート3 ユニサポート1

寸法:250mm~(220mm~)

通称ユニサポートと言ってます。

左写真のものが(220mm~)

右写真が鋼製束の代用で、(250mm~376mm)※2014年に250本購入

狭い場所での通り直しや、地中梁の底受け、免震柱の支柱などで使用します。

細いけど1t以上の重さに耐えられるとのことですが、不安定になるので使用時には本数を増やしましょう。

追記:福村建設では、資材の1梱包を800kg以下に徹底しています。それは、吊荷の重さが800kgを超えないようにしているからです。なので、それぞれのサポートの1梱包の本数が違いますし、荷姿も考えています。すべては、安全(安全率)に対しての取り組みです。

 

以上、パイプサポートの技術紹介でした(^^)/