安全衛生管理の要点

令和元年度建設業年度末労働災害防止強調月間(令和2年3月1日~3月31日)は、完工時期を迎える工事が増加し、様々な作業が輻輳(ふくそう)する年度末に注意を促し、無事故・無災害で新年度を迎えるため行っている活動で、毎年実施されています。特に、年度末の3月は、職場では、人事異動等で作業のテンポが乱れ災害が発生しやすくなります。そして今年は、新型コロナウィルス騒動、オリンピック・パラリンピック開催で、例年とは全く異なった年(年度替わり)です。

・3月は気象の変化が激しい時期でもあり油断禁物。心身の健康状態も悪化しがち、皆で健康管理に十分を気を付けて。

・作業方法、手順を十分理解し、KY活動・保護具、工具・器具、機械等の作業前点検は確実に。

・弊社でも、人事異動(4名)、新入社員(目標5名)、ローテ固定(6名)があります。安全衛生の決まりごとは、初めの段階から厳しく躾けることが大切です。そのためには、受け入れる側の態度が必要です。作業要領・手順・整理整頓のルールを見直し(再教育)て、間違ったことが浸透している状況を防ぐことが大切です。

→今一度、「整理整頓は7Sから」を確認しよう。

3月の安全目標は、○○の徹底としています。【徹底】とは、中途半端ではなく一貫していることを意味としています。が、私は、皆の気付きで、どこまでかばい合えるか、現状で満足するのではなくって、すみずみまで行き届くこと。会社の趣旨を上層部から徹底させて、常に、その行動が他の模範となり、会社理念(行動模範)につながる。それが成長だと思うのです。