~カタパネル~

 

こんにちは!福村建設です(^^)

 

最近は久々の雨が続きました。せっかくのお休みの日に限って雨ですね

しっかり休みをとって、平日はバリバリ働けよ! ということなのでしょうか(゜o゜)

 

さて、今回は自社で使用している、『カタパネル』のご紹介を致します!

 

 

技術紹介【1】『 ~カタパネル~ 』

カタパネルは、リサイクル可能な複合型プラスチック製型枠(環境配慮型樹脂型枠)です。

 詳しくは⇒  天馬株式会社

カタパネル/カタログ-1   カタパネル/カタログ-2

 

カタパネルの大きな利点は、環境に配慮されたリサイクル可能な点です!

以前自社でも、環境に配慮しようとプラスチック型のパネル(超○、テ〇パネル、フ〇パネル、リ〇コンパネ)を

購入していました。ところがどの商品も販売時には「リサイクルする」と言っていたのが、

実際には「引き取れない 😡 」や「知らないふり 🙄 」をされてしまい、

終いには生産自体がされていない… そんな事が。

 

しかし!その点カタパネルは、自社で野田工場まで運搬し、引き取ってもらい、

洗浄・粉砕・再原料化 されています!

割れてしまったものや、ひびが入ったものを工場にもって行き、帰りに新品を持って帰る。という循環ができます

 

また更には、サイズも型枠屋にとっては満足のいくものが整っています(^^)

▼自社保有のサイズ  

  • 600×900
  • 600×1200
  • 600×1500
  • 600×1800  ※光沢版あり
  • 600×1950
  • 600×2100

 

建込時にはクリップで固定していくため、目違い無し、そして、表面がササクレることもありません。

ただし! 扱いが悪くひび割れがあったり、割れてしまうと、使えなくなってしまいます(*_*;

 

施工事例写真 ≪  ~カタパネル~ スラブ 編

ベニヤだと真っ暗になってしまいますが、主に明かり取りになり、

かなり内部が明るくなります!(コンクリート打設すると暗くなりますが…)

建込(だめ作業)の作業効率が、かなりUPです

  

  スラブ4

    

 

 

 

施工事例写真 ≪  ~カタパネル~ 壁 編

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工事例写真 ≪  ~カタパネル~ 水槽 編

  

 

 

施工事例写真 ≪  ~カタパネル~ 地中梁(基礎) 編

主にピット内部に使用しています。

基礎の場合は、何回も使用した基礎用の木製パネルが多いのですが、ピット内部はその後も見えるので

少しでも綺麗な仕上がりにしています(^^)

  

 

 

施工事例写真 ≪   ~カタパネル~ 鉄骨造の擁壁 等  

  

     ↑ 何回も使用してくるとこのような色に変わってきます(゜.゜) ※剥離剤の影響もあります

 

     ↑ まだ、新しい状態のカタパネルです

 

 

施工事例写真 ≪  ~カタパネル~ その他

  

 

これまで福村建設は、約10年間程、プラスチックパネルの使用に取り組んでいます。

以前は、木製・鋼製・プラ系・台替などの㎡数の統計をとって比較をしていました。

今後も環境に配慮した取り組みを続けていきたいと考えています(>_<)

詳しいことは・・・天馬株式会社https://www.tenmacorp.co.jp/industry/kata/

 

以上、カタパネルの紹介でした(^^)/