8月度安全衛生委員会

8月度の安全衛生委員会を8月1日18:00より行いました。

安全と衛生に関する議題は、熱中症に関することで、主に各自の健康管理について注意喚起しました。

○暑い時期はヒューマンエラー(ミス)を起こしやすい。

1.作業を急ぐとき・非常事態・緊急事態

2.単純作業の時

3.複雑な作業の時

4.作業指示と違っている時

5.手順通りに仕事をしていて違うことを言われた時

6.工程を変更された時

7.状態があいまいな時

※どんな時でも、と、いうことか!身体の疲労がお盆前は溜まっています。リズムを保ち、不注意をなくそう!

○電気使用安全月間(夏に多発する関電死亡災害)

1.暑いので、エアコンや扇風機を多用するので、コンセントの抜き方や、配線チェックするときも気を付けて!

2.古くて不備のある扇風機などは要チェック

3.発汗してるので、感電しやすい 注意!

4.暑いので注意力が低下し、危険意識が遠のいている 注意!

5.低電圧での感電災害が7月から9月の3か月間に集中しているので、今の時期が要注意!

6.電気以外:現場では、脚立が壊れてるのを知っていながらそのままにしておくのではなく、きちんと報告しましょう!(次、使う人のためにも)※扇風機を倒して黙っているのではなく、これも次の人のために報告しましょうよ!

○夏バテ予防の健康管理

1.一日3食きちんと食べること(朝食を食べないと血糖値が低くなり、昼食を多くとるといっきに血糖値が上昇し危険になる、バランスよく食事をとるのが得策)

2.野菜を食べる(麺類だけではだめです。)

3.食欲を高めるために香味料を!

4.よい睡眠(快適な室温28℃・ぬるめのおふろにゆっくりと・適度な運動)

○食品衛生月間

1.食中毒に注意!

2.大腸菌(お-157、など)、カンピロバクター、サルモネラ属菌、等の細菌による食中毒が多発する時期!注意!

3.食中毒予防の3原則(食べ物に細菌をつけない・ふやさない・やっつける(焼く))

○月曜日午前は心筋梗塞、脳卒中等の危険

1.休み明けはストレスが発生しやすい?

2.ということは、心臓に負荷がかかる!

3.月曜日の午前の仕事量は減らす努力を!

 

などを確認しました。