~アンカー、壁サポート~

こんにちは!福村建設です(^^)/

今回の技術紹介は、【 アンカー、壁サポート 】についてです。

 

【 技術紹介 『アンカー、壁サポート』】

これまで、型枠の通りを修正するために(型枠の押し引き)、この作業を行ってきました。

①ハンマードリルで、コンクリートに穿孔(せんこう)

②CTアンカー(4分)を打込む

③アイボルトをねじ込む

④チェーン引きを行う

 

  1. ターンバックルとチェーンで壁や梁を引いて、型枠の通りを修正する。
  2. 足元に桟木を打込み、桟木の小口にサポートを当てて壁を押し、型枠の通りを修正する。

この2つの工程で、型枠の通りの修正を行ってきました。

 

このやり方は、今でも行っています。

 

■ 壁サポート ■

【 壁サポート カタログ 】

ks壁サポート/カタログ

壁サポート(KSカベサポート)を130本購入し、

医療センター(戸田建設) の土止め壁で、初めて使用しました。

施工例:医療センター土留め壁

 

問題点は、アイボルトのねじ部分の長さが、少しのことながら短く、壁サポートのベースプレートのねじ込み穴深さにマッチせず、CTアンカーの頭部分がコンクリート表面より出てしまう恐れがありました。

そこで、アイボルトロング(ねじ部分が長い)を調査して購入し、上部階では対応していきました。

ただし階高が4.0mを超えると、壁サポートの伸縮が2200mm~4000mmのため、少し使い勝手が悪くもなります。

 

 

 グッドスクリュー 

【 グッドスクリュー カタログ 】

国元:グットスクリュー-1

【 グッドスクリュー サイズ 】

国元:グットスクリュー-2

 

CTアンカーとアイボルトを兼ね備えた、ハードエッジアンカーとグッドスクリュー(ねじ固定式と施工アンカー)。

ここではグッドスクリューの使用手順を紹介させて頂きたいと思います。

①壁サポートのベースプレートの穴の部分に、位置出しするため少しドリルで下穴を開ける

 

②グッドスクリュー(AGS-1055)使用の場合は、ドリル径10.5mmを使用して穿孔する。穿孔深さは65mm。

※ハードエッジアンカーの場合は、径と長さが違うので注意

③吸塵機または、ダストポンプで孔内の切粉(せつふん)を取り除く

④壁サポートのベースプレートの穴の部分を合わせて、グッドスクリューをセットしたあと、

インパクトドライバ(頭部17mm)で締め付ける。最適トルク 60N/m

⑤施工完了 (※桟木は関係ありません)

⑥壁サポート設置完了。壁サポートで型枠の通りを修正していく

⑦コンクリート打設後は、インパクトドライバで取り外す

 

 利点 】

  • 頭部とワッシャーが一体となっており、プレート等に穴が空いていれば押さえつけることが出来る。
  • スラブコンクリートに穿孔するので、鉄筋や埋没物との干渉が少ない。(福村ではこのAGS-1055を使用しています。)
  • 力強い。
  • 施工後の取り外しが出来る。(躯体の中のアンカー等が不純物とするならば問題解消。                  CTアンカーのでっぱり切断作業もない)
  • インパクトドライバで施工出来るため労力軽減。
  • 取付物の上から施工出来る。

他に KSサポートストッパー等を押さえる時にも使用します。

 ksサポートストッパー/カタログ

サポートストッパーは、ポストとチェーン引きが同時に行える様に開発されたものですが、

そのように使用した時をまだ見たことがありません。。(^_^.)

写真のような使い方では、桟木を使用する場合と変わらないので参考にしないでください。

サポート受け部がフラワーサポートだと不安定になり、写真の位置で受けています。

使用する時はカタログの取付例を参考に、使用してください。

 

チェーン引き用金具については、ただいま国元商会さんが発案・開発中ですのでしばしお待ちを・・・

以上、アンカー、壁サポートの技術紹介でした。(^^)/