【金物編】 ~消耗金物 セパレーター ~

 

 

 

こんにちは!福村建設です(●^o^●)!

今回の技術紹介は、初の金物編です!!

金物の中でも今回は、消耗金物【セパレーター】についてお話させて頂きます<m(__)m>

 

【  技術紹介 『消耗金物 セパレーター』 】

まずセパレーターの話をするにおいて、

 「消耗金物とはなにか 😕 ?」

という、そんな疑問について短くお話をしようかと思います。

 

消耗金物とは、型枠資材の中で、

一度出庫したらコンクリートの中に入って永遠に返ってこない金物のことを言います。

簡単に言えばその字面の通り、消耗される金物なのですね~(゜.゜)

ですので今からお話しするセパレーターは、一度現場へ行ったら返ってくることはない。

そんな金物なのです!(ただし、頼みすぎたりして余った場合は返ってきます)

 

さて、それでは本題のセパレーターの解説へ参りましょう(^^)/

 

まず一番の疑問「セパレーターとは何か」

お話を分かりやすくするために、セパレーターの形を見てみましょう。

 

▼ セパレーターの主な形 ▼

セパレーターの種類はたくさんあるのですが、わかりやすいようにこの形を主として見ていきましょう!

セパレーターは、使用される用途から、このような棒状の形をしています。

こちらは例として、B型セパレーターの形状図です。

 

⦅?⦆セパレーターとは?

セパレーターとは、私たち型枠的に言いますと

向かい合う型枠(コンパネ)の感覚を一定に保つために、壁や柱・梁の側面に使用する金物を意味します。

 

どういうことかというと・・・

型枠の中にコンクリートを打設する際、『側圧』と言って外側に膨らむ力が何トンもかかります。

ただ型枠を設置してコンクリートを流し込むだけでははじけ飛んでしまうわけですね…

そこで!セパレーターの登場です(゜o゜)!

こちらの画像をご覧ください▽▽

 セパ

こちらがセパレーターの使用例です。

わかりやすくペイントしてみました(^^)/!

セパ2

型枠の中に3つの棒があります。こちらがセパレーターです!

そして黄色に枠組みされた金物が、フォームタイです。

(※フォームタイについては、後程技術紹介にて紹介したいと思います)

 

まず、ベニヤにインパクトドリルで差し込み穴を開けます。

そして図のように、セパレーターを差し込み、

フォームタイでベニヤを挟み、端太材(鋼管等)で締め付けているのです!

こうすることで、側圧に負けずに型枠を一定に保つ事が出来るのです!!

どういうことかというと・・・

セパ3 →→→ セパ4

 

   こちらは現場での使用例です 

 

※ベニヤに空ける穴(セパの差し込みくち)の大きさのコツ

インパクトドリルのきり(ドリル)で先にセパを差し込む際、

ベニヤに空ける穴の大きさ(径)は、 9mm で行います。

また逆に、後に差し込む際の穴の大きさ(径)は、 12mm で行います。

 

 

⦅?⦆セパレーターはどれだけ強いのか

コンクリートの何トンもの側圧に打ち勝つセパレーターは、どのくらい強いのでしょうか…(゜o゜)

セパレーターの引っ張りの許容強度は2分5厘1,400kgfです。

『2分5厘』こちらはセパレーターの太さを言います。2分5厘→直径約8mm

『1,400』 こちらはセパレーターの許容強度を言います。kgf→重量キログラム

セパレーターの引張実験では、2,000kgfを少し超えるところまで耐えられるようですが、

安全率を見て1,400kgfとしています。

 ▼強度一覧表

セパ太さの種類  呼称 引張許容強度(kgf)  引張許容強度(kN) 
 W5/16 2分5厘 1400kgf  13.7kN
W3/8  3分  2100kgf  20.6kN
 W1/2  4分  2800kgf  27.4kN

 

 

・・・建築工事に多く使用される。

・・・土木工事に多く使用される

・・・セパレーターピッチを広くしたり特殊な型枠の時に使用される。

 

※↑これ以上の太さになると『ストロング』『タイロット』などの名称になります

 

 

⦅!⦆注意

   画像に再びペイントをしてみました(^^)/

この600mmは、一般的なセパレーターを並べる際の個々の間隔です。この間隔をピッチといいます。

ですがコンクリート打込み高さ、または時間(速度)によっても変わってきますのでその都度、計画を立てましょう!

例)セパレーターが600ピッチの場合。1.0㎡(1.0m×1.0m)の中にセパレーターが、2.78本ある計算になります。

この時のセパレーター1㎡当りの強度は  1,400(強度) ×  2,78(本数)  =  3,892(許容強度) となります(゜o゜)

 ただし!!側圧がかかるのはセパレーターだけではありません!!端太等のたわみ計算も計画では必要です。

 

((!))セパレーターの種類

それでは!セパレーターの種類について見ていきましょう(^^)/


  (1) 【型: H 】

  • 形状:▶  
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 基礎・地中梁(地中に隠れる場所)で使用する

       建築上部で仕上げのあるところ

       打設後はさび止めスプレーを吹き付ける

  • 呼び名: 「エッチ、座金(ざがね)、さび止めするもの」

  (2)【型: P 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 基礎・地中梁(地面より上になり見えるところやピット部)で使用する

       建築上部で吹付仕上(打放)・タイル仕上(打放)

       打設後はモルタル詰めをする(Pコンよりモルタル少ない)

  • 呼び名: 「ピィ、カップ、ハット」

  (3)【型:B 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 打放

       化粧(土木工事等)

       素地

       打設後はモルタル詰めする(Pセパの場合よりモルタルが多く必要)

  • 呼び名: 「ピーコン、Bセパ、丸セパ」

  (4)【型: PH 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 片側と、用途が異なる場合(PとH)

   ((!)) 注意…建込時にどちらを先に建てるかで、ハネの位置をP側かH側か指定する

  • 呼び名: 「エッチピィ、ピィエッチ」

  (5)【型: HB 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 片側と用途が異なる場合(BとH)

   ((!)) 注意…建込時にどちらを先に建てるかで、ハネがH側に必要かどうかを指定する

  • 呼び名: 「ビーエッチ、エッチビー」

  (6)【型: BP 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 片側と用途が異なるとき

   ((!)) 注意…建込時にどちらを先に建てるかで、ハネがP側に必要かどうかを指定する

  • 呼び名: 「ビーピィ、ピィビー」

  (6)【型: C 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: Hセパと似ているが、ネジが25mm切ってあり、座金を差し込めるようになっている
  • 呼び名: 「シィセパ」

  (7)【型: BC 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 片側がPコン仕様で、片側がCタイプ
  • 呼び名: 「ビーシィ」

  (8)【型: 止水付 】

  • 形状:▶ 
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 止水ゴムが差し込んである (Lの部分が止水ゴム)

       上の図ではHセパになっているが、PとBタイプの方が使用頻度が高い

  • 呼び名: 「止水付、止水ゴム付」

  (9)【型: 片軸長】

  • 形状▶ 
  • 太さの種類 2分5厘、3分
  • 用途 片方が、ヌスミのある場合(開口部)

       開口部~壁面にセパレーターをとる場合等

  • 呼び名 「片軸長」

  (10)【型:両軸長 】

  • 形状:▶
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 両方がヌスミのある場合(開口部)

       開口部~開口部にセパレーターをとる場合等

  • 呼び名:  「両軸長」

  (11)【型: ねじ切り 】

  • 形状:▶
  • 太さの種類: 2分5厘、3分  
  • 用途: 耐震片壁の時に、セパ引きアンカーに権六をつけてセパを微調整する時

       スラブ引き

       S寸法(ねじ切り部分)の指定は50mm~70mmが多い

  • 呼び名: 「ねじ切り」

  (12)【型: 曲げセパ 】

  • 形状:セパ:曲げ
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 勾配になる場合に使用する

       ベニヤに接する部分から50mmのところで曲げる

  • 呼び名: 「曲げセパ」

  (13)【型: スタッドセパ 】

  • 形状:セパ:スタッド
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 片方が溶接になる場合に使用する
  • 呼び名: 「スタッドセパ」

  (14)【型: ハリロックセパ 】

  • 形状:セパ:梁(落とし)
  • 太さの種類: 2分5厘、3分
  • 用途: 梁組の際にハリロック金物を付けておき、梁配筋が終わった後に

       Bセパにナットを付けて、後付けするセパレーター

  • 呼び名: 「梁落としセパ、ハリロックのセパ、ハリポケットのセパ」

 

以上がセパレーターの種類です(^^)/!!

形は似ていても、それぞれに違った用途があることを、ご理解いただけたでしょうか(゜o゜)

更に詳しいことについてはこちらへ… → okabe

                  →  kunimoto

 

以上で、セパレーターの技術紹介は終わりです!

・・・なのですが、先ほどのセパレーターの種類紹介において、

「Pコン」「止水ゴム」など、なんだそれ? 😯  と思われた方が多いはず!

 

「Pコン」「ハリ用Pコン」「止水ゴム」…

これらはセパレーターに取り付けて使用する、付属品たちです。

 

それでは今回の技術紹介セパレーター編は、

~ 消耗金物 セパレーター その2(付属品等)~ へ、続きたいと思います(#^.^#)!